健康保険の選択

会社に勤めていた人の健康保険は、社会保険に加入していた方がほとんどでしょう。定年退職して、会社を辞めたら、健康保険を自ら選ぶことができます。今まで通り、社会保険を継続するか、または国民健康保険に加入するかを選択します。社会保険にそのまま入ることを任意継続といいます。

社会保険を任意継続するには、いくつかの条件のような決まり事があります。まず、加入できる期間は、会社を辞めてから2年間です。それを過ぎたら、国民健康保険に加入しなければなりません。社会保険の保険料は在職中の2倍になります。これは在職中は保険料の半分を会社側が負担してくれていたからです。会社ってありがたいですね。

保険を選ぶという作業は、退職後の最初の仕事といえるかもしれません。というのも、社会保険を継続できるのは、退職後の翌日から20日以内と決まっているからです。落ち着いてからゆっくり決めようと思っていると、社会保険の継続ができなくなってしまう可能性があります。できるだけ早く決めましょう。